老人ホーム 看護師

老人ホームの派遣看護師は未経験でも安心!

老人ホームは医療行為が少ないから未経験でも安心

老人ホームは医療行為がほぼない

老人ホームは、積極的な治療を行うのではなく、日常生活援助が中心の施設です。

 

老人ホームでは、医療ケアではなく介護ケアのニーズが高い方が多く、日常生活に関する全ての援助が必要な方も多いです。

 

介護ケアが中心の仕事のため、看護師が医療行為を行う事はほとんどありません。

 

未経験やブランクナースも安心

 

老人ホームは医療行為が少ないため、未経験やブランクの長い看護師も安心して働く事ができます。

 

老人ホームで行う看護ケアは、基礎的な事が中心で、難しい業務はありません。

 

ブランクナースにとって不安が強い、注射や点滴などの看護ケアは必須ですが、老人ホームの場合は、日中の落ち着いた時間帯などに、点滴の実習が可能なので、点滴や注射に不安がある方でもすぐに慣れてしまいますよ(´∀`*)

 

 

老人ホームは特別な資格は必要ない


老人ホームの派遣看護師は、特別な資格がなくても働く事ができます。

 

介護施設で働く看護師が目指したい特別な資格は、老人看護認定看護師があります。

 

老人看護認定看護師は、臨床経験が5年以上ある事が条件なので、経験の浅い看護師には受験資格がありません。
また、認定看護師は指定機関での6ヶ月間の研修を受ける必要があります。

 

臨床経験5年以上かつ、認定機関で6ヶ月の研修を受けたら、認定看護師の受験資格をえる事ができますよ

 

老人ホームは准看護師も活躍している


老人ホームは、正看護師だけでなく准看護師も多く活躍しています。

 

老人ホームは医療行為がほとんどないので、准看護師でも特に問題はありません。

 

新人ナースが老人ホームで働くならケアマネを目指そう!


老人ホームは、新人ナースの割合は少数ですが、新人ナースならケアマネ資格を目指して欲しいです。

 

ケアマネは、看護師の臨床経験が5年以上必要です。

 

ケアマネは、介護保険のスペシャリストで、老人ホームでもケアマネを持っているからと言う理由で特別な仕事を任される事はありません。

 

老人ホームでは、看護師とケアマネの仕事を兼務する事はなく、看護師がケアマネの資格を持っていても、給料アップやスキルアップには直接関係がありません。

 

老人ホームの経験は転職ではプラスにならない!?


看護師の経験年数は、転職の際にプラスとなる事が多いのですが、老人ホームから一般病院への転職の際にはプラスとならない事が多いです。

 

病院や外来への転職では不利!?

老人ホームの経験は、経験年数としてはカウントされすが、転職の際に給料アップやスキルアップに繋がる事はありません。

 

せっかく働いても経験年数にカウントされない理由は、介護系の職場から一般病院への転職は、業務内容や看護師の役割が全く違うため、お互いが新人ナースとして見てもらう必要があります。

 

老人ホームではスキルアップが難しい

老人ホームでは、医療行為がほぼないため、スキルアップが難しいのです。

 

老人ホームでは看護師として成長できない!?

老人ホームでの看護師の役割は、入居者が安心で安全な日常生活を送れるように援助することで、看護師の業務の専門性が低いと言えます。

 

介護施設では、看護師が専門性の高い看護業務に専念できる環境にはないため、看護師としの成長にも限界があります。

 

老人ホームの看護師は派遣で働くのがベスト!

長期派遣なら紹介予定派遣

紹介予定派遣は、概ね6ヶ月以内に直接雇用になることを前提とした働き方です。

 

基本的には長期雇用であり、派遣看護師の働き方では一番多い働き方だと思います。

 

1ヶ月からOKの短期派遣

老人ホームでは、1ヶ月からOKの短期派遣求人があります。

 

派遣看護師は、自分で派遣期間を選択することができるので、1ヶ月の派遣期間が終了したら、2ヶ月目以降は派遣を続けるのか、辞めるのかを決めることができます。

 

老人ホームでの仕事が自分に合っていると思ったり、派遣期間をなるべく長期間続けたい場合は、短期派遣の派遣期間の更新を行うことで、派遣看護師を続けることができますよ。

 

1日限定の単発派遣

老人ホームでは、1日限定のスポット派遣求人が豊富です。

 

老人ホームは、医療行為がほぼないので、1日限定の派遣看護師であっても、全く問題なく仕事をすることができます。

 

夜間業務のある老人ホームの場合は、夜勤単発派遣の求人もあり、スムーズに仕事に入ることができていますよ(´∀`*)